モビットの増額はどれくらいの契約期間があれば審査に有利?

モビットは三井住友銀行グループに属する消費者金融で、日本貸金業協会の会員です。
日本貸金業協会は、貸金業者に対して貸金業法に基づく運営を行うなどの指導を行うと言った役割が在り、モビットの場合は貸金業法に基づく貸し付けを行っています。

貸金業法に基づく貸し付けには総量規制と呼ばれる規制が設けられており、カードローンの申し込み者の年収に対する貸付額を3分の1未満にする必要が在ります。
そのため、利用する側も年収の3分の1未満での希望額を提示する事で審査に通りやすくなります。

但し、他社債務が在る場合、総量規制は借金の総額が年収の3分の1から差し引かれることになるため、申し込み希望額は借金が在ることで少なくなります。
その点についても留意して申し込みを行う事がお勧めです。

尚、モビットのカードローンは現在極度額が800万円までに上昇していますが、申し込み希望額は年収の3分の1未満に抑えておくことで審査に通りやすくなります。

また、モビットの場合、利用する中で毎月きちんと返済を行い、定期的に借入するなどの履歴を作り上げる事で信頼を得る事が出来るようになります。

そのため、6ヶ月から1年と言った期間の中で増額の希望を伝える事で、現在の利用限度額を増やすことが出来ると言ったメリットが在りますし、信頼を築き上げる事でモビットから増額のお知らせを貰えることも在り、この場合も利用開始から1年ほど経過した頃にお知らせを貰えると言われています。