カードローンを増額する時の注意点まとめ※必読※

お金が必要になった場合、すでに持っているカードローンを増額するか、新しい会社で借りるかという選択肢があります。
どちらの方法が正解かということは決められませんが、カードローンを増額して解決できるなら、そちらのほうが手間もかからないし、多重債務者となってしまうリスクも少ないでしょう。

カードローンを新規で借りてから半年以上が経過していれば、増額審査に申し込むことができます。
しかし、このときにはいくつかのポイントを確認しておきましょう。

まず、返済で延滞をしていないことはある意味で絶対条件です。
会社によっては「過去1年以内に延滞がないこと」を条件にしているところもあります。
延滞を一回でもすると信用は下がってしまうので、審査に通過することは難しいでしょう。

カードローンを利用している会社だけでなく、他社のキャッシングなどで延滞をしていても、個人信用情報に記録が残っているので不利になります。

他には、転職をしている場合には注意が必要です。
転職をすると、勤続年数がリセットされてしまいます。
また、転職をすると年収が下がるケースも多いでしょう。
転職をして年収が上がった場合など、キャリアアップした場合には問題なく審査に通過する場合もあります。

以上のように、増額審査で不利になるような要素がある時はそもそも審査に申し込まないほうがいいかもしれません。
属性が悪くなっている状態で申し込みをすると、逆に限度額を減額されてしまったり、利用停止されてしまうかもしれません。